京つう

  「京つう」オフィシャルブログ  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2012年01月14日

タヴェルナ・イルヴィアーレ 村上シェフ

第三十四回はRistorante il fico(リストランテ イルフィーコ)の松本さんから
ご紹介いただきました、TAVERNA IL VIALE(タヴェルナ・イルヴィアーレ)の
村上さんです。昨年、村上さんがご結婚された時には松本さんに司会をして
いただいたそうです。村上さんにとって松本さんは身内のような、頼れる
お兄さん的存在の人ですと、仰っていました。



TAVERNA IL VIALE (タヴェルナ・イルヴィアーレ)

~村上シェフ ソムリエより~

高校を卒業後、地元の農業大学に進学。その時は、漠然と食に関わる仕事に
就きたいと考えていました。熊本の親戚の叔父さんが和食の料理店をしていた
と言う事もあり大学を卒業後、福岡の料亭に就職。和食をするなら京都で仕事を
したいと思うようになり、25歳で京都に上京しました。当時、ケータイの電波も
届かなかった山間の「美山荘」で働く事になりました。食べ歩きが趣味で、仕事が
休みの時は、京都市内の色々な料理店を食べ歩いていました。そんなある日、
『クチーナ イルヴィアーレ』で食事をした時に、お店の雰囲気やサービスそして料理に
感動。“ここで働きたい”と思い、お店のオーナーにその気持ちを伝えたのですが、
今は人の募集はしていないと言う事でした。その時は、また縁があればと言う事で
渡辺オーナーと連絡先の交換をさせて頂きました。それからしばらくして、渡辺オーナーから私のケータイに連絡が入り「新店舗をオープンするから一緒に働かないか」と、
声を掛けていただきました。そして2007年4月「タヴェルナ・イルヴィアーレ」が
オープンすると同時に、この店で働く事となりました。タヴェルナとは、イタリア語で
居酒屋や食堂を意味し、ヴィアーレは並木道や大通りを意味します。※イルは定冠詞です。
「並木道の食堂」という意味になります。ここには、私の理想としていたオープン
キッチンの迫力やお客様との距離の近さ、そして接客の丁寧さがありました。
イタリア伝統の食材やワイン、イタリアの地ビール“モレッティー”、そしてグラッパも
多数取り揃えております。アラカルトも豊富ですので普段使いや、生ハムとワインで
軽く一杯といった方にもご利用いただき易いと思います。



住所/京都市中京区西ノ京千本通御池下ル
電話/075-812-0601
営業時間/Lunch 11:30~14:30
       Dinner 18:00~23:00(LO23:00)
       ◆月曜日定休
メニュー/Lunch パスタランチ1200円 メインセット2000円
      アラカルト イタリアンハムの盛合せ 2000円(フル)/1500円(ハーフ)
      季節野菜たっぷりの(20種類以上)のバーニャカウダ 1600円
      もち豚ステーキ100g 1200円~
ホームページ/http://www.watanabechef.com/taverna-il-viale/



◆次回の紹介者は、イタリア料理店の廣瀬さんです。イタリア料理店仲間の
 集まりに参加した時に、共通の知り合いの紹介で知り合われたそうです。
 廣瀬さんはパワフルで行動力のある方だそうです。同級生という事もあり
 話も合うし刺激も受けるので、これからも一緒に頑張っていきたい仲間です
 と仰っていました。

前回 【松本さん】 >> 今回 【村上さん】 >> 次回 【廣瀬さん】
  


Posted by ちゃーりー at 00:00Comments(0)ヨーロッパ